有志有途Ⅱ

静岡県榛原郡吉田町議会議員のブログ

新年明けましておめでとうございます。ぬ

たけしです。

改めて、新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

今年は、勝負の年と位置付けています。

4月の統一地方選において、3期目を目指す予定です。

なぜ、「予定」とするのかと、疑問に思う方がいるかもしれませんね。

これは、公職選挙法による縛りがあるためです。

選挙の事前運動と後援会活動の違いがわかりずらい点でもあります。

「〇〇議員選挙に出るから、よろしく!一票お願いします!」なんて言ったら

完全にアウト!

「次の選挙に立候補を予定しています。後援会に参加して応援お願いします!」

これは、OK 。

これから、この様な会話が、あちこちで聞こえてくると思います。

候補予定者、後援会、応援している方々、気をつけてくださいね。

 

年末年始は、家業の菓子屋もそれなりに忙しいのです。

しかし、私にとって読書の時間が至福の時間でもあり、欠かせないものです。

この年末年始に読みふけっている本は、

麒麟児 」冲方丁 著、「知りたくないではすまされない」江崎道朗 著

「日本国紀」百田尚樹 著 

中々、興味深い内容です。

特に「知りたくない・・・」は、トランプ大統領の誕生を予想した評論家の著書で

「ニュースの裏側を見抜くために、これだけは学んでおきたいこと」と副題があるように

日本に伝わる海外(アメリカ)のニュースを鵜呑みにしてはいけない内容が記されています。

おススメですよ。

 

2019年どんな年になるでしょう。

皆さまのご健康とご幸福をご祈念申し上げます。

 

f:id:takeshi3964:20190104174354j:image

f:id:takeshi3964:20190105140747j:image

 

 

 

 

 

 

 

苦渋の決断

たけしです。

 

10月2日、吉田町牧之原市広域施設組合議会定例会が開催されました。

 

平成29年度決算、平成30年度補正予算が主な議案でした。

 

平成27年に起きたごみ処理手数料窃盗事件により、約108万円が使途不明金となっていた事案について、本年度補正予算として「一般搬入手数料弁償金」として計上されました。

 

説明によると、この財源は施設組合現職員の気持ち(事件が起きた反省と今後二度と起こさない)として、職員給与から親睦費として積み立てていたものを弁償金として差し出すのもである。と言うことでした。

 

この積立金について、詳しく質問、質疑を行ったところ、積立金は何時から始まったものか分からない、金額として106万余りあり不足分は、事件当時の幹部職員2人に出して頂く。と答弁。

 

???!!

 

親睦のための積立金ならば、1年毎解約して分配(戻す)することが一般常識ではないのかという内容の質疑しました。

答弁は、おっしゃる通りです。この様な、不透明なものをチェックし、再構築しています。

 

この組合のいい加減なところが、表面化したと思われます。

 

事務局長は、このような管理体制にメスを入れ正しい管理体制を構築していく考えを示した。

また、金銭管理事務に関する改善点も示されました。

 

事件に関しては、引き続き警察の捜査による犯人逮捕を待っている。決して、これで幕引きとは考えていない。と強く主張しました。

 

今後の会計上は、使途不明金という1文は無くなるが、事件の闇は晴れません。

 

反対することも考えましたが、苦渋の決断として賛成可決しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

読書の夏

たけしです。

 

毎日、暑い!のひと言です。

 

政府は24日、西日本豪雨を「激甚災害」に指定する。安倍首相が21日、視察先の広島県呉市で記者団に語った。と報道にありました。

 

暑い、暑いと言っても、平穏な暮らしができていることに感謝しなければいけませんね。被害地の皆さんの早期復旧、復興をご祈念申し上げます。

 

災害が起きるたびに、「危機管理」「想定外」という言葉がでてきます。

 

「危機」は管理できるものではない。管理できることは「危機」ではない。という人もいます。

 

ある程度のことを想定して起きたこと(危機)に対する管理(対処)は可能ということが「想定内」で、それを超えると「想定外」となるのでしょうか。

 

自然の脅威は、人間の浅知恵では敵わないということがわかります。

 

たとえAIが発達しても、自然の力には及ばないのではと思います。

 

家業の菓子屋は、夏場は超暇なので読書に励んでいます。

 

「ザ・レトリック」「現代の地政学」「勉強法」「『言葉にできる』は武器になる」「ビジネスエリートのためのリベラルアーツ 哲学」

 

ちょっと堅苦しい本ですが、それなりに勉強になります。

 

私の読書は、1冊を読みっ切って次にいくタイプではなく、何冊かを1章くらいずつ読んでいくタイプです。

 

1冊をずっと読んでいると飽きちゃう。浮気性なのでしょうか。(笑)

 

f:id:takeshi3964:20180721201802j:plainf:id:takeshi3964:20180721201844j:plain

f:id:takeshi3964:20180721201928j:plainf:id:takeshi3964:20180721202001j:plain