有志有途Ⅱ

静岡県榛原郡吉田町議会議員 増田たけしのブログ

自戒を込めてのこの本

たけしです。

 

最近読んでいる本を紹介します。

 

これは、私自身の自戒を込めて購入した本です。

 

「キレる!」 脳科学者 中野 信子 著 小学館新書

 

中野信子 氏の著書を読むのはこれで3冊目です。

 

シャーデンフロイデ」「サイコパス」に続いてのこちら「キレる!」です。

 

脳科学的な分析を基に書かれている著者の文章は、専門知識が無くても読みやすいです。

また、脳科学という面で、人間の脳の働きについても勉強になります。

 

さて、この「キレる!」ですが、私自身の自戒を込めてと冒頭記しているように、自分で意図してしゃべっているつもりなのに(冷静に言葉を選んでいるつもり)、突然プツンとして、乱暴な発言、相手を追い詰めるようなキツイ発言をしてしまうことがあります。

 

「なぜあんなこと言っちゃったんだろう」とあとで反省することが多々あります。

 

「口から出た言葉は拾えない」「覆水盆に返らず」

「It is no use crying over spilt milk.」こんなことわざがあるのに・・・

 

本書では、5つの章で「キレる」について紹介されています。

1.損するキレ方、得するキレかた

2.キレる人の脳で起こっていること

3.キレる人との付き合い方

4.キレる自分との付き合い方

5.戦略的にキレる「言葉の運用術」

 

相手はなぜキレるのか、自分は、どのような時キレるのか。

 

対人コミュニケーションにおいて自分を守る「盾」となり、「強み」にもなるような、

「キレるスキル」に光を当てたこの本が、その技術を学び続けるきっかけになれば幸いです。と筆者は記しています。

 

私も上手なキレ方ができるようにがんばります!(笑)

キレる!: 脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」 (小学館新書)