有志有途Ⅱ

静岡県榛原郡吉田町議会議員 増田たけしのブログ

吉田町町政施行70周年式典が挙行されました。

たけしです。

 

本日、吉田町町制施行70周年記念式典が挙行されました。

 

議長としてご挨拶をさせていただきました。

 

以下、挨拶文を掲載致します。

 

吉田町町制施行70周年記念式典挙行にあたり町議会を代表して一言お祝いの言葉を申し上げます。

吉田町は、昭和24年7月1日に吉田村から町制施行し70年の節目、人に例えれば古希を迎えました。

また、本年は、平成から令和へと新しい御代と成り、新たな時代の幕開けとなりました。

吉田町は、戦後の復興期から始まり昭和44年の東名高速道路吉田インターチェンジ開業による交通インフラ整備、大井川の伏流水活用による企業誘致等による経済発展期、生活基盤の充実と経済的豊かさが広まった時期、バブル崩壊とあわせて経済の低成長期を乗り越えて克服し、平成の大合併をせず、単独の町制を選択し昭和・平成そして令和の3つの時代を歩み続けることとなりました。

この間、数多くの困難を乗り切り業績を残し、吉田町の発展に寄与された多くの先人に対し、心より敬意を表したいと存じます。

さて、当町では、これまでの70年間、幸いにも大きな自然災害は受けておりませんが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を境に、「津波防災まちづくり」を最優先とした施策を強力に推し進めております。また、我が国において急速に進む少子高齢化を背景とした本格的な「人口減少時代」に立ち向かうため、自然減対策と社会減対策を両輪とした戦略も講じております。

議会においては、これらの課題を乗り越え、大きく飛躍する吉田町の実現のため、平成26年4月に吉田町議会基本条例を制定し、「住んでよかった・住みたくなる町」の実現に向けて、常に最良の意思決定を行うことを町民の皆さまにお示しいたしました。

議会は、町民の皆さまとの情報交換、意見交換を行い、議会活動の向上により、最良の意思決定を行っていく所存でありますので、今後とも、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 ここに、町制施行70周年を皆さまとともに慶祝し、これまで吉田町の発展のためご指導・ご協力を賜りました関係各位に深甚なる感謝を申し上げるとともに、今後の吉田町の大きな発展と町民の皆さまのご健勝、ご活躍をご祈念致しましてご挨拶とさせていただきます。

 

約300人の方々の前での挨拶でした。

町作成の冊子にも掲載されています。

70年目の節目に議長をさせていだだき、身に余る光栄と感謝する次第です。

更なる吉田町発展のため働かせていただきます。

 

f:id:takeshi3964:20191110181444j:plain