有志有途Ⅱ

静岡県榛原郡吉田町議会議員 増田たけしのブログ

ボールペンの進化?

たけしです。

 

コロナ禍において、デジタル化が急速に進むといわれている。

 

しかし、文具の売れ行きはそれほど落ち込んでいないと聞いている。

 

実は、文具が大好きなのである。

 

特に、ボールペン。

 

最近のボールペンは、インクがとても進化しているのだ。

 

水性ボールペンなのか油性ボールペンなのか、書き味がわからないようなモノもある。

 

水性顔料ゲルインク、エマルジョンインク、フリクション(擦ると消える)、低粘度油性インク「ジェットストリームインク」などなど。

 

色も黒、赤、青、緑、だけでなく20色以上の色が存在する。

 

そして、ペンの太さも最近は、0.4ミリ、0.38ミリ、0.3ミリ

 

と極細が各メーカーから発売されている。

 

決して、高級ボールペンでなく200円以下で買えるのだ。

 

文房具屋さんへ行くと、ついつい新作?のボールペンに手が出てしまう。

 

仕事柄(議員として)メモや文章を書くことが多いのだが、

 

「そんなにいらないだろう。」と自分で突っ込みを入れてしまうが、

 

好きなんだからしょうがない。

 

世の中は、デジタル化である。

 

何故、ボールペンが続々と新作が出てくるのだろう。

 

背景に何があるのだろう。